Share Pleasure!

Honda Cars RYOMO culture message for freshers

Share Pleasure!

喜ばれることに喜びを

お客さまの笑顔が、私たちの喜びにつながる。そして私たちの満足感は、お客さまの喜びなくしては成り立たない。お客さまと私たちの間に、喜びの輪をいくつも重ねて、つなげることで、みんなの毎日がハッピーになる。

栃木の空に浮かぶHonda Cars 両毛号は、そんな会社になりたいのです。

  • お客さまから
    「いつも来るのが楽しみ!」って

    小さなお子さまや親御さまにも安心してご来店いただけるよう、店内環境を整えたり、目に触れるものに楽しさをプラスできるように取り組んでいました。するとお客さまから「子どもに『ホンダさん行くよー』って言うと喜ぶんですよ!」「いつも来るのが楽しみです!」などお声がけいただくことが増えたんです。その言葉に、私自身も嬉しさと楽しさを感じました。

    石島 久美子

    業務

    石島 久美子 本社(2008年入社)

  • トラブルを解消したとき、
    感謝のお言葉を

    以前「ボンネットが開かない」と困っていたお客さまに開け方をお伝えしたところ、とても感謝されました。堅い雰囲気の方だったのですが、この一件から心を開いてくれて、いろいろ相談してくれるようになりました。お客さまから頼られるのは、とても嬉しいしやりがいになります。技術の向上はもちろん、お客さまとの絆が生まれることも、整備士としての成長を感じますね。

    蓼沼 徹雄

    アフターセールス(サービス職)

    蓼沼 徹雄 足利山川店(2012年入社)

  • 「あなただからここで買ったのよ」
    と言われて

    事故を起こし、早急にクルマが必要になったお客さま。まずお体の心配をしたところ好感を持っていただけて、その方の条件に合うおクルマも探し出すことができました。納車時に、「友達からは『地域の安い店で買えばいいじゃない』と言われたけれど、あなたとこれからもお付き合いしていきたいから、ここで買ったのよ。よろしくね!」と嬉しいお言葉をいただきました。

    伊東 美穂

    カーライフコンサルタント(営業職)

    伊東 美穂 真岡長田店(2019年入社)

  • 難しい修理を
    みんなで考えて解決できた!

    今までにない症状で入庫してきた車両。まず同じ現象が他の車両でも出るのかを確認するため、メカニックみんなで知恵を絞って、テスト走行などをしてみました。症状が確認でき、修理の作業に入ってからも試行錯誤の連続。クルマを正常に戻せたときは、「やった!」と思いました。社会人経験20年以上となった今でも、直せたときは格別の嬉しさです。

    木村 忠洋

    アフターセールス(サービス職)

    木村 忠洋 佐野富岡店(1992年入社)

  • 初成約、先輩が
    自分以上に喜んでくれました

    入社して初めて新車のご成約をいただいた数日後、いつもいろいろ教えてくださる先輩が、「おめでとう」と言って私の好きなラーメン屋さんに連れて行ってくれました。その後自分は違う店舗に異動したのですが、先輩は今でもこまめに連絡をくれます。毎月の成績を見てほめてくれますし、店舗は違ってもすぐそばで見ていてくれるようで心強いです。

    中山 慎基

    カーライフコンサルタント(営業職)

    中山 慎基 栃木インター店(2019年入社)

  • 上司から
    「いつも助かるよ」のひと言が

    デスクでいつも通り仕事をしていたところ、上司が不意に声をかけてくださいました!自分では当たり前だと思っていた業務に対して、感謝の言葉をもらえたことがとても嬉しかったです。一緒に働くスタッフからの感謝の言葉は、仕事をする上での原動力となっています。お店のスタッフはみんな仲が良くて、冗談を言い合ったりしながら毎日楽しく勤務しています。

    小野 彩乃

    トータルカスタマーサポート(CA職)

    小野 彩乃 佐野富岡店(2017年入社)

COMPANY
会社情報

人(個人)を第一に考え、その想いの実現を支援。
個人の個別最適と組織の全体最適の双方の実現を目指しています。

企業理念を見る

STAFF INTERVIEW
スタッフインタビュー

Honda Cars 両毛で働く先輩たちの生の声をお届け

インタビューを見る

  • スタッフ
  • スタッフ
  • スタッフ
  • スタッフ